宮城・名取市議選がスタート

 有力新人がひしめき激戦となった名取市議選が、1月20日(日)告示になりました。公明党からは、ほしい敬子菊地しのぶの二人の現職候補が立候補、27日(日)の投票日をめざして選挙戦が開始されました。



私も告示日の20日、ほしい敬子候補の応援に駆けつけ、告示第一声(写真)で公明候補への支援を訴えました。第一声では、ほしい候補の元気で誠実な人柄やこれまでの実績、政策等を紹介。生活に直結する市会議員には、政策実現力第一の公明党の存在が不可欠である事を述べ、同候補への絶大な支援を訴えました。



関連記事

  1. 支え合う社会を未来へ ~母校・東北大学で講演

  2. コロナ療養で郵便投票 ~特例法、都議選から適用へ、与野党が合意

  3. 盛岡・仙台・福島で新春街頭演説会

  4. 生活者本位の政治に転換を協議 ― 政府・与党連絡会議 ―

  5. 北上川・鳴瀬川水系内陸部災害復旧事業完成式に出席

  6. 南東北の交通網整備を国交大臣に要請