宮城・名取市議選がスタート

 有力新人がひしめき激戦となった名取市議選が、1月20日(日)告示になりました。公明党からは、ほしい敬子菊地しのぶの二人の現職候補が立候補、27日(日)の投票日をめざして選挙戦が開始されました。



私も告示日の20日、ほしい敬子候補の応援に駆けつけ、告示第一声(写真)で公明候補への支援を訴えました。第一声では、ほしい候補の元気で誠実な人柄やこれまでの実績、政策等を紹介。生活に直結する市会議員には、政策実現力第一の公明党の存在が不可欠である事を述べ、同候補への絶大な支援を訴えました。



関連記事

  1. 地元仙台で新年事務所開き

  2. 景気と雇用対策を強化 ―政府・与党連絡会議―

  3. 現場の声を予算・税制に

  4. 「財政支援の継続必要」宮城県知事から要望

  5. パレスチナ アッバス議長と会談

  6. 仙台卸売市場の「初せり式」に参加