全国社労士連合会・政治連盟の新春賀詞交換会に出席


 1月17日(木)、都内で開かれた全国社会保険労務士連合会(大槻哲也会長)、同政治連盟(堀谷義明会長)の新春賀詞交換会に出席し、党社労士議員懇話会会長として挨拶を行いました。公明党からは太田明宏代表をはじめ、多くの衆参国会議員が出席しました。



 挨拶で私は、平成16年に制定され平成19年4月1日から施行されている「ADR法(裁判外紛争解決手続き法)」について、法制度の枠組みは整ったが、具体的に国民に活用されるために次の段階を考えなければいけない時期にきていると指摘。今後、社会保険労務士会と連携を取りながら、国民がより身近に司法制度を利用できるよう、認証制度によって認められた弁護士以外の専門家が和解等の仲介に入る範囲などを具体的に検討していく考えを述べました。






関連記事

  1. 公明党税制調査会で議論

  2. 党新潟県本部主催の新春の集いに出席

  3. 日韓関係の未来開く ~文喜相韓国特使と会談

  4. 参院選勝利の上げ潮を ~党宮城県臨時本部大会

  5. 災害時多目的船建造推進・超党派議連が政府に要請

  6. 公明勝利で政治を安定 ~伊藤(兵庫)候補 必勝の訴え