仙台「成人の日」記念街頭演説会に参加


 1月14日、公明党宮城県本部青年局(庄子賢一局長=県議)主催の「成人の日記念街頭演説会」に参加し、新成人への祝福と期待を訴えました。同街頭演説には、庄子県青年局長、鎌田城行仙台市議など地元青年議員も参加しました。



 演説会では、新成人の代表が将来への抱負を述べた後、庄子局長があいさつ。「公明党は若者の声を真剣に聞きながら、仙台市内でジョブカフェや法テラスの設置を実現した」と実現力公明党を訴えました。

 私は、党青年局の署名活動が国を動かし、携帯電話の番号ポータビリティー(持ち運び)制度が実現できたことなど、若者の力が国政をも動かした事例を紹介。「今後も公明党は若者の声を真剣に受け止め、希望を持てる明るい未来をつくるため頑張っていきたい」と成人を迎えられた皆様に祝福と政治参加への期待を述べました。






関連記事

  1. 現場発で政策実現 ~都道府県局長会であいさつ

  2. (社)日本臨床看護家政協会・東北ブロック協議会の所長セミナーで講演

  3. 庄内、三陸の高速道整備促進の集いに参加

  4. 命を守る政策断じて ~山形市で公明勝利を訴え

  5. 党福島県本部の新春政経セミナーに参加

  6. 「被災農家の再建支援を」宮城・農業4団体から要望