福島県知事から申入れ


 12月27日(木)、衆院第2議員会館で、福島県の佐藤雄平知事、遠藤忠一県議会議長らから「道路特定財源の確保」を求める要望を受けました。

 席上、佐藤知事らから前日(12/26)福島県で行なわれた緊急総決起大会で採択された決議書を受け取りました。決議の内容は、①暫定税率による上乗せ分を含め、現行の税率水準を維持 ②地方における道路整備財源の充実 の2点。佐藤知事からは「地方にとって、道路整備の推進は地域発展のために不可欠」との強い要望が述べられました。

 これに対し私は、「来年度の予算政府案及び税制改正は、共に地方の声を反映した内容構成になっている」「道路財源については、今後とも地方の意見をしっかり聞きながら検討していきたい」と、地域間格差を是正していく考えを述べました。






関連記事

  1. 公明が雇用改善の先頭に ~埼玉、西田候補の必勝力説

  2. 「骨太方針」重点項目を与謝野経財相に申し入れ

  3. 谷地掘改修計画報告会に参加

  4. 青森県下北で懇談会

  5. 岩手県議選がスタート

  6. 暮らし、福祉、教育を前へ ~新春街頭演説会に参加