来年度大綱へ大詰め―与党税制協議会―


 自民、公明両党は12月12日(水)夕方から与党税制協議会を断続的に開き、2008年度与党税制改正大綱の取りまとめに向けて大詰めの協議をしました。

 証券税制の軽減税率廃止に伴う市場特別措置について、定率減税廃止による増収分を2009年度からの公的年金国庫負担割合1/2引き上げの財源などに充てることで調整を続けることとしました。




 これに先立って、公明党税制調査会の役員会・拡大幹事会を開催し、税制改正の最終的な党内議論を行いました。会議では、土地の売買にかかる登録免許税の特別措置については、現行税率を1年間据え置き、09年4月から2年間で段階的に引き上げることで了承。「証券税制」など未決定の検討項目については、税制会長一任の決定を行いました。






関連記事

  1. 尾花沢市議選がスタート

  2. 鳥インフル「封じ込め」に総力 ~政府・与党会議に出席

  3. 大雪被害 対応きめ細かく ~公明党災害対策本部に出席

  4. 原因究明し再発防げ ~政府与党協議会に出席

  5. 生業と生活再建に総力 ~郡山のセミナーに出席

  6. イラク問題―一刻も早い軍事行動の終結を