来年度大綱へ大詰め―与党税制協議会―


 自民、公明両党は12月12日(水)夕方から与党税制協議会を断続的に開き、2008年度与党税制改正大綱の取りまとめに向けて大詰めの協議をしました。

 証券税制の軽減税率廃止に伴う市場特別措置について、定率減税廃止による増収分を2009年度からの公的年金国庫負担割合1/2引き上げの財源などに充てることで調整を続けることとしました。




 これに先立って、公明党税制調査会の役員会・拡大幹事会を開催し、税制改正の最終的な党内議論を行いました。会議では、土地の売買にかかる登録免許税の特別措置については、現行税率を1年間据え置き、09年4月から2年間で段階的に引き上げることで了承。「証券税制」など未決定の検討項目については、税制会長一任の決定を行いました。






関連記事

  1. 全浄連の会合に出席

  2. 「共通番号制度」推進シンポジウムに出席

  3. 仮設住宅確保急げ ~北海道地震、政府に対応求める

  4. 「二重ローン救済急げ」具体策めぐり全銀協、日弁連と協議

  5. 公明党宮城復興支援会議に出席

  6. 仙台塩釜港、向洋地区ふ頭再編改良事業着工式に出席