来年度税制改正に向け議論 ― 与党税制協議会 ―


 自民、公明の与党両党は12月6日(木)、衆院第1議員会館で税制協議会を開き、地方間の税源偏在の是正や、中小企業活性化に向けた企業関係税制などの主要項目について議論を行いました。



 地方間の税源偏在の是正について私は、「将来の(地方税収の)方向性を示す中で、目に見える結論を出さないといけない」と強調。また、中小企業の活力向上を図る中小企業税制については、「拡充する方向で(党内)議論をしている。中小企業の生産性の向上が大きな課題であり、(税制支援へ)工夫をしていきたい」と公明党のスタンスを主張。さらに、地域活性化を図る観点から、農林水産業と商工業の連携を後押しする税制支援を行う必要性があると強調しました。






関連記事

  1. 秋田港振興会懇談会

  2. 「経済再生に総力を」政府・与党協議会

  3. 復興債25年償還を提案 3党幹事長会談

  4. 三陸縦貫道・唐桑道路の開通式に出席

  5. 岩手県釜石市を視察、宮古市で時局講演会

  6. 日本商工会議所と政策懇談