北海道新幹線について要望受ける


 12月5日(水)、北海道の嵐田昇副知事や北海道商工会議所連合会(高向巌会頭)などの経済団体界、北海道農業協同組合中央会(宮田勇会長)などの各種団体の代表と会い、北海道新幹線の札幌延伸や高規格道路網の整備に関する要望を受けました。これには丸谷佳織衆院議員、渡辺孝男参院議員も同席しました。



 席上、道商連の高向会頭から北海道新幹線が経済活性化や新産業創出に大きな効果をもたらし、新幹線の札幌延伸は道民の悲願であると、新青森―新函館間の早期開業と札幌延伸の実現に向けての要望がありました。

 これに対し私は、新幹線の札幌延伸について公明党など与党の取り組みを紹介した上で、「できれば年度内に結論を出したい」と述べ、要望実現への取り組みを話しました。






関連記事

  1. 「地方財源の拡充を」山形県町村会から提案

  2. 衆院選挙制度改革について議長と会談

  3. 暮らし守る政策で成果 ~通常国会閉幕、両院議員総会を開催

  4. 衆望に応える現場力 ~党宮城県夏季研修会であいさつ

  5. 仙台市中央卸売市場の業務開始式に出席

  6. 衆議院本会議で代表質問