党大会にかわる「全国代表者会議」を開催


 「次の戦い」に断じて大勝利しよう!― 11月10日(土)、東京・新宿区の党本部で全国大会に代わる公明党第5回全国代表者会議が開催されました。



 冒頭、太田代表から「勝利のカギは、国会議員と地方議員が国民の手足となって一体となって動くこと。日本の課題解決へ(1)地域活性化(2)雇用格差是正(3)救急医療(4)中小企業活性化――の4対策本部で実態調査などを進め、日本をつくり直す闘いに総力を挙げたい」「衆院と参院の多数派が異なる『ねじれ国会』の中で、公明党は政策実現のために与野党の政策協議の“橋渡し役”を果たしたい」「全議員が、常在戦場の覚悟で党勢拡大のうねりを起こそう!」との訴えがなされました。

 北側幹事長から「中央幹事会報告」、斉藤政調会長から「政務調査会報告」が行われ、今後の党活動の方針と当面の重要政策課題が提示されました。その後、中央幹事会報告等について活発な質疑が行われ、私は総合選対本部長として「次期衆議院選挙の見通しと選挙対策」について、党の見解と方針を回答しました。








関連記事

  1. 「改革骨格案を大筋了承」党合同会議に出席

  2. 党宮城県本部主催の「観光振興シンポジウム」に出席

  3. 「政府に国道、避難所確保を要望」台風8号警戒対策本部

  4. 経営安定、担い手支援に全力 

  5. 中国経済 再認識が重要 ~発展研究センターで意見交換

  6. 3次補正予算で協議 3党幹事長会談