古川東バイパスの起工式に出席


 10月13日(土)午前、宮城県大崎市で行われた国道108号線古川東バイパス工事の起工式に地元関係者らと共に出席しました。地元国会議員を代表して祝辞を述べ、工事の安全を祈願して鍬入れを行いました。



 一般国道108号線は、石巻市を起点とし、大崎市(大崎市古川~大崎市鳴子温泉は47号と重複)、秋田県湯沢市、由利本荘市に至る総延長202.3kmの主要幹線道路です。大崎市内を通過する国道108号線は、近年の交通量の増加や車両の大型化に伴って、交通混雑と共に渋滞による排気ガスによる環境悪化が問題になっていました。これらの問題を解消するため、大崎古川鶴ヶ埣を起点とし、大崎市街地を南側迂回し、大崎市古川稲葉の国道4号線に至る延長5,100mのバイパスが事業化されることになりました。

 起工式で私は祝辞を述べ、関係者のこれまでのご労苦に心より敬意を表すると共に、一日も早く完成されるよう一層尽力する旨を約しました。






関連記事

  1. 仙台市で「風間ひさしを励ます県民の集い」

  2. 訪中成果を首相に報告

  3. 党全国県代表協議会を開催

  4. 人権、平和の理念守る 核軍縮へ協調リード ~憲法記念日街頭演説会

  5. 災害時多目的船建造推進・超党派議連が政府に要請

  6. 被災4県知事が支援継続要請