自衛隊記念行事に参加


 9月30日(日)、陸上自衛隊霞目駐屯地(仙台市内)で開催された「東北方面隊創隊47周年記念式典」に出席し、挨拶をしました。 



 挨拶の冒頭、国を守る崇高な任務に従事する隊員の皆様やそれを支える家族・関係者の皆様のご労苦に深く敬意を表すると共に、今後益々の任務精励をお願いしました。

 続いて、自衛隊のあり方については、国連の平和活動への参加や災害などに対する緊急人道支援、武力紛争後の復興支援など、今後もその役割が大事になってくることを述べ、祝賀の挨拶としました。



 式典の中では、訓練展示として、今後30年以内に99%の確立で発生するといわれている宮城県沖地震や、明治三陸型地震など日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震の地震津波被害の軽減を目的とした「災害における情報集の伝達」「人命救助活動」「民生支援」「空中消火」などの訓練が行われました。






関連記事

  1. 公明の底力示す都議選 ~東京荒川区の党時局講演会に出席

  2. 「震災特別委設置で合意」与野党幹事長会談

  3. 「被災者第一」で支援きめ細かく ~台風19号 党対策本部が政府に要請

  4. 「経営安定化支援」等についてJRから要望

  5. 地元榴岡企業朝会

  6. 党青森県本部「夏季議員研修会」に出席