自衛隊記念行事に参加


 9月30日(日)、陸上自衛隊霞目駐屯地(仙台市内)で開催された「東北方面隊創隊47周年記念式典」に出席し、挨拶をしました。 



 挨拶の冒頭、国を守る崇高な任務に従事する隊員の皆様やそれを支える家族・関係者の皆様のご労苦に深く敬意を表すると共に、今後益々の任務精励をお願いしました。

 続いて、自衛隊のあり方については、国連の平和活動への参加や災害などに対する緊急人道支援、武力紛争後の復興支援など、今後もその役割が大事になってくることを述べ、祝賀の挨拶としました。



 式典の中では、訓練展示として、今後30年以内に99%の確立で発生するといわれている宮城県沖地震や、明治三陸型地震など日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震の地震津波被害の軽減を目的とした「災害における情報集の伝達」「人命救助活動」「民生支援」「空中消火」などの訓練が行われました。






関連記事

  1. 「政府に国道、避難所確保を要望」台風8号警戒対策本部

  2. 「伊豆大島 二次災害防げ」政府・与党協議会

  3. 「復興の最前線で働く」宮城県内各地で公明党支援呼び掛け

  4. 「原油高騰問題」首相へ万全の救済策要請

  5. 庄内、三陸の高速道整備促進の集いに参加

  6. 党福島県本部の新春政経セミナー、党福島県本部主催の賀詞交歓会に出席