河北―桃生津山が開通、開通式と祝賀式典に参加(07.06.09)


三陸自動車道の河北―桃生津山インターチェンジ間11.6kmが6月9日(土)に開通しました。私も地元国会議員として開通式と祈念式典に参加しました。



 開通式は石巻市桃生町の桃生豊里インターチェンジ内で行われ、関係者約220人が出席。村井嘉浩知事や土井喜美石巻市長らと共にテープカットを行い、完成したインターチェンジ間を車で往復しました。今回の開通で、宮城県内は仙台港北―桃生津山IC間56.8kmが繋がりました。石巻河南―河北インターチェンジ間には石巻赤十字病院(石巻市蛇田)に直結する救急者専用出口があり、登米、本吉地方などからの患者搬送にも大きな貢献が期待されています。



 桃生農業者トレーニングセンターでの式典では「産業発展、防災上の観点からも必要不可欠な道路。豊かな地域づくりのため、北へ向けてさらに整備を進めていきたい。物流、観光による交流が活性化し、石巻圏の発展につながると確信している」と挨拶しました。






関連記事

  1. 地元仙台で新年事務所開き

  2. 党地域活性化本部が調査結果を発表

  3. 景気と雇用対策を強化 ―政府・与党連絡会議―

  4. 各種団体の代表と懇談

  5. 東北市長会から「道路特定財源」の要請受ける

  6. 福島県・郡山市、伊達市の「党新春政経セミナー」「国政報告会」に出席