北陸新幹線全線早期整備を―富山、石川、福井県知事らから要望受ける―


 5月29日(火)、衆院第1議員会館で石井隆一富山県知事、谷本正憲石川県知事、西川一誠福井県知事らと会い、北陸新幹線(東京―長野―金沢―大阪)の整備で要望を受けました。



 席上、県知事らは、長野―金沢間の着工を決めた政府・与党申し合わせ(2004年12月)の見直しによる全線早期整備の必要性を主張。その上で、既着工区間の早期開業に向けた建設財源の確保、未着工である金沢―敦賀間の工事実施計画の一括認可などの要望が出されました。

 この要望に対し私は「着実に1日も早い完成へ最大限に努力したい。与党として(申し合わせの)見直し作業に着手する」旨の回答を述べました。






関連記事

  1. 岩手県・八幡平市で要望・視察・懇談会

  2. 「農業復興へ全力で支援」宮城県農業団体合同集会に出席

  3. 希望生むのが公明の役割 ~党北海道本部大会に出席

  4. 介護総点検の促進を表明

  5. 復興拠点支援が必要 ~福島・双葉町長から要望受ける

  6. 日本住宅建設産業協会年賀会に出席