北陸新幹線全線早期整備を―富山、石川、福井県知事らから要望受ける―


 5月29日(火)、衆院第1議員会館で石井隆一富山県知事、谷本正憲石川県知事、西川一誠福井県知事らと会い、北陸新幹線(東京―長野―金沢―大阪)の整備で要望を受けました。



 席上、県知事らは、長野―金沢間の着工を決めた政府・与党申し合わせ(2004年12月)の見直しによる全線早期整備の必要性を主張。その上で、既着工区間の早期開業に向けた建設財源の確保、未着工である金沢―敦賀間の工事実施計画の一括認可などの要望が出されました。

 この要望に対し私は「着実に1日も早い完成へ最大限に努力したい。与党として(申し合わせの)見直し作業に着手する」旨の回答を述べました。






関連記事

  1. 第4次安倍内閣が発足 ~安倍首相らが就任のあいさつ

  2. 雇用、年金で地域貢献 ~社労士の交歓会で訴え

  3. 「成人の日」記念街頭演説会

  4. 経営安定、担い手支援に全力 

  5. 全国知事会から「地域主権関連3法案の早期成立」等に関する要望

  6. 経済3団体、連合の新年会に出席