仙台市で「憲法記念日街頭演説会」に参加


 5月2日(水)、地元宮城県議会議員、仙台市議会議員らと共に 仙台市内で憲法記念日街頭演説会を行いました。



 マイクを握った私は「国民主権、基本的人権、恒久平和主義の憲法3原則は将来にわたって堅持すべきだ」と力説した上で、憲法改正について「一部の政治家や官僚だけに任せるのではなく、幅広い国民的な議論を経て結論を出すべきだ」と主張しました。また「慎重かつ冷静な憲法議論ができる環境づくりが必要だ」と公明党のスタンスに言及。この観点から、憲法改正手続きを定める国民投票法案に、施行後3年は憲法改正原案を審査、提出できないとの規定を盛り込んだことを紹介しました。






関連記事

  1. 「原発事故の教訓を共有」チェルノブイリ関係者と懇談

  2. 宮城県北部地震で鴻池担当相に要望を申し入れ

  3. 「幹線道路網の整備促進」函館市長から要請

  4. 平和条約へ流れ加速を ~政府・与党連絡会議に出席

  5. 所得補償とFTA推進の一体化検討を批判

  6. 生活の再建 速やかに ~党対策本部に道知事ら申し入れ