統一地方選へ全国遊説スタート~日本の課題に正面から挑戦~


 公明党は10日(土)、統一地方選完全勝利に向け、札幌、埼玉、横浜、大阪を皮切りに、全国遊説をスタートしました。



 私は北側幹事長らと 札幌の街頭演説会に参加しました。演説で私は、「公明党は未来に責任を持ち、人が輝き、地域が輝く社会を築いていく」 そのために「教育改革や地域再生などの課題に真正面から挑戦する」と決意を披瀝。さらに、児童手当の拡充や出産育児一時金の増額など、子育て支援を大きく前進させた公明党の実績を強調しました。



 演説会には、風間昶参院議員、丸谷佳織衆院議員、いなつ久(空知支庁)佐藤ひでみち(札幌市北区)森しげゆき(札幌市白石区)かね国よしすけ(札幌市東区=いずれも道議選予定候補)らが参加しました。



 この日は、札幌市内2ヶ所で時局講演会も開催され、私は党幹部として挨拶しました。各会場では、公明党の多くの実績を紹介すると共に、地方選完勝に向けて絶大な支援を訴えました。






関連記事

  1. 「第十回全国亀の尾サミット仙台大会」に参加

  2. 全国知事会から「地域主権関連3法案の早期成立」等に関する要望

  3. 県建設業青年会と意見交換

  4. 「女性の政治参画拡大」森担当相から要請

  5. 衆院選公示 出陣式を開催・第一声要旨

  6. 宮城県東部(松島町・利府町・七ヶ浜町)を視察