指定都市市議会議員と懇談


 11月29日(水)午後、指定都市市会議員と国会議員との財政問題懇談会に出席しました。仙台市議会からは、鎌田城行議員が出席しました。



 冒頭、指定都市の代表から ①真の地方分権の実現のための国・地方間の税源配分の是正 ②大都市特有の財政需要に対応した都市税源の拡充強化 ③事務配分の特例に対応した大都市特例税制の創設 等の要望が出されました。その後、各市の要望事項の説明がなされ、仙台市からは、重点要望として「地下鉄東西線建設事業の推進への協力・支援」が提示されました。



 我が国の地方自治の中核を担う指定都市の活性化は、地方分権にとっても大きな課題です。公明党としても、要望事項について 全力で応援していく旨の回答をしました。






関連記事

  1. 秋田県(大仙市・横手市)で街頭演説

  2. 「100万人訪問・調査」運動スタート ~地元仙台で調査

  3. 西川福井県知事から「北陸新幹線の早期完成・開業に関する要望」

  4. 住宅の税負担軽減へ ~住団連から要望聞く

  5. 「パキスタン地震」被災者救援街頭募金に参加

  6. 「衆院選挙制度改革・第三者機関設置申し入れへ」与野党幹事長会談