指定都市市議会議員と懇談


 11月29日(水)午後、指定都市市会議員と国会議員との財政問題懇談会に出席しました。仙台市議会からは、鎌田城行議員が出席しました。



 冒頭、指定都市の代表から ①真の地方分権の実現のための国・地方間の税源配分の是正 ②大都市特有の財政需要に対応した都市税源の拡充強化 ③事務配分の特例に対応した大都市特例税制の創設 等の要望が出されました。その後、各市の要望事項の説明がなされ、仙台市からは、重点要望として「地下鉄東西線建設事業の推進への協力・支援」が提示されました。



 我が国の地方自治の中核を担う指定都市の活性化は、地方分権にとっても大きな課題です。公明党としても、要望事項について 全力で応援していく旨の回答をしました。






関連記事

  1. 公明 日本赤十字社へ第14次義援金

  2. 自民、民進 両案提出へ ~衆院選挙制度改革について協議

  3. 「健全で安定した関係へ」中日友好協会・唐家せん会長と懇談

  4. 「岩手・宮城内陸地震」の栗原市追悼式に出席

  5. 冬柴国交相を交え仙台市で各界意見交換会

  6. 沖縄振興へ支援さらに ~翁長知事から来年度予算編成で要望