日本獣医師政治連盟と政策懇談


 10月25日(水)朝、公明党と日本獣医師政治連盟(委員長:山根義久 日本獣医師会会長)との政策懇談会がもたれました。党からは私、西博義団体渉外委員長はじめ7名の国会議員が参加し、獣医師会からの要請を受けると共に、獣医師・動物医療の抱える課題について意見交換を行いました。



 日本獣医師会からは、①獣医学教育体制の整備・充実 ②狂犬病のリスク管理対策の整備・充実 ③「心の教育」推進のための学校飼育動物対策の整備・充実 ④獣医師の処遇対策の整備・充実 の4点が要請として出されました。

 意見交換では、獣医師の就業・処遇や獣医学教育、狂犬病対策などの現状について報告を受けると同時に、我が国の動物を巡る諸情勢 「BSE問題など食の安全安心」「鳥インフルエンザなど人・動物の共通感染症問題」「動物愛護・福祉と野生動物保護」などについて活発な意見交換を行いました。






関連記事

  1. 「経営安定化支援」等についてJRから要望

  2. 政策実現し役割果たす ~岩手県本部大会であいさつ

  3. 経済3団体、連合の新年会に出席

  4. 政府と連携し対処 ~北朝鮮が弾道ミサイル

  5. 日本労働組合総連合会から「来年度予算編成」で要請

  6. 「福島復興の加速を」福島県 山田基星町長と懇談