「基本農政確立対策全国代表者集会」に出席

 10月19日(水)、東京都内で行われた「基本農政確立対策全国代表者集会」(主催:全国農業協同組合中央会(JA全中)など)に出席し、党を代表して挨拶しました。


 挨拶に立った私は、今後の農業政策について、「施策の対象を『担い手』に集中し、これまでの品目別の助成から、品目横断的な経営安定化対策に転換していく」と述べた上で、農地と担い手の確保が重要との見解を示し、「地域の声をよく聞きつつ、多様な担い手が幅広く認定される仕組みをつくっていく」と強調しました。
 また、これまで公明党が一貫して取り組んできた施策として、地域資源の維持管理や環境保全型農業の推進などを紹介。「(環境保全に)意欲ある人を広く対象とし、環境に負担を与えない農業への支援を行わなくてはならない」と述べました。



関連記事

  1. 全国浄化槽団体連合会の懇親会に出席

  2. 命を守る政治 進める ~党宮崎県本部がフォーラム

  3. 省エネ住宅の普及を後押し ~住団連の会合に出席

  4. 税制改正へ党内議論が本格スタート

  5. 高速道路無料化期間延長を太田国交相へ要望

  6. 経済3団体、連合の新年会に出席