「基本農政確立対策全国代表者集会」に出席

 10月19日(水)、東京都内で行われた「基本農政確立対策全国代表者集会」(主催:全国農業協同組合中央会(JA全中)など)に出席し、党を代表して挨拶しました。


 挨拶に立った私は、今後の農業政策について、「施策の対象を『担い手』に集中し、これまでの品目別の助成から、品目横断的な経営安定化対策に転換していく」と述べた上で、農地と担い手の確保が重要との見解を示し、「地域の声をよく聞きつつ、多様な担い手が幅広く認定される仕組みをつくっていく」と強調しました。
 また、これまで公明党が一貫して取り組んできた施策として、地域資源の維持管理や環境保全型農業の推進などを紹介。「(環境保全に)意欲ある人を広く対象とし、環境に負担を与えない農業への支援を行わなくてはならない」と述べました。



関連記事

  1. TPP交渉における国会決議の実現と情報開示を求める緊急国民集会に出席

  2. 石巻市水産物地方卸売市場石巻売場完成式典に出席

  3. 北上川・鳴瀬川水系内陸部災害復旧事業完成式に出席

  4. 党栃木県・茨城県・宮城県等大雨災害対策本部で緊急要望

  5. 党次世代育成支援推進本部が初会合

  6. 二重ローン 救済の実効性高く