「第十回全国亀の尾サミット仙台大会」に参加



 8月20日(日)、仙台で開催された「全国亀の尾サミット」に出席し、挨拶をしました。



 亀の尾サミットは、100年前に山形県庄内町で創選育種された伝統的な米「亀の尾」を題材に、作付農家、蔵元、愛好家が集う会で、私は名誉顧問となっています。今回が10回目の節目となり創選者「阿部亀治翁」の出身地である山形県余目町からはじまり、大阪・古川・島根・広島・青森・秋田と開催されてきました。

 挨拶で私は、「この会を通じて作り上げられたネットワークが、米文化の継承とともに現代の日本社会における新たな食文化の創造に貢献していければ」と述べると共に、「今回を新たな出発として、更なる発展を」と期待を寄せました。



【亀の尾】

日本三大米品種でササニシキ及びコシヒカリなどの親米にあたる米。現在では酒米として全国で作付けされてる。「夏子の酒」で出てくる米「龍錦」のモデルにもなった品種。






関連記事

  1. 「米政策・戸別所得補償制度確立 宮城県JA代表者緊急要請集会」に出席

  2. 「口蹄疫対策」で日本酪農政治連盟から要望

  3. 党仙台青葉総支部大会に出席

  4. 各種団体からの予算・税制ヒアリング 始まる

  5. チーム3000の力を結集―地方議員団会議、方面政策責任者会議を開催―

  6. 「新幹線・長崎ルート促進を」整備促進に関する要望