宮城・福島・岩手で「憲法記念日街頭演説会」に参加
















▲仙台市内


▲福島市内


▲盛岡市内

 5月2日(火)、仙台市、福島市、盛岡市でそれぞれ行われた「憲法記念日街頭演説会」に出席し、現行日本国憲法の精神の堅持を訴えました。



 私は、現行憲法について「戦後日本の平和と安定、発展を支えてきた」と高く評価し、「国民主権、基本的人権の尊重、恒久平和主義の憲法3原則は、人類不変の原理として後世に伝えていかなければならない」と強調しました。

 その上で、憲法改正論議に触れ、「公明党は時代に合わせて新しい条項を加え、現行憲法を補強する加憲方式を提案している」と力説。具体的には①環境権などの新しい人権②地方分権のさらなる推進③専守防衛の自衛隊と国際貢献活動 ――などの条項の追加を検討していることを紹介し、「秋には加憲案を国民の前に提示したい」と述べました。



 街頭演説会には、宮城県本部から石橋信勝県本部代表、小野寺初正、庄子賢一各県議会議員、笠原哲、菊地昭一両仙台市議会議員。福島県本部から甚野源次郎県代表(県議会議員)、加藤勝一、小野京子両福島市議会議員、大條一郎伊達市議会議員。岩手県本部から小野寺好県代表(県議会議員)、島貫尚、伊達康子両盛岡市議会議員、相原孝彦滝沢村議会議員らが参加しました。







関連記事

  1. 「被災地特例の実施を」政府に申し入れ

  2. 秋田県の横手市議選・湯沢市議選が開始

  3. 北陸新幹線の早期全線開業求める ~福井県知事から要望受ける

  4. 畜産・酪農の基盤強化を

  5. 「安保与党協議」初会合

  6. 宮城県川崎町で党員および地域懇談会