福島・伊達市議会議員選挙がスタート

 4月16日(日)、合併後初の福島県伊達市議会議員選挙が告示されました。この日、私も保原選挙区(定数10)のおおえだ一郎候補(=現職)の告示第一声に駆け付けました。これには、甚野源次郎県代表(県議会議員)ら地元議員も応援に入りました。



告示第一声で私は、おおえだ一郎候補が「子育て環境日本一の伊達市」を掲げ、「市独自の児童手当創設」や「出産一時金の新設」など住みよい街づくりへの取り組みや実績を紹介。地域の課題にも生活者の目線に立ち、現場の声を市・県・国と連携し全力で取り組むことを約し、おおえだ一郎候補への支援を訴えました。



伊達市議会議員選挙は23日(日)投票。おおえだ一郎候補の保原選挙区は定数10に対して14人が立候補し、かつてない少数激戦になっています。


関連記事

  1. 日本フードサービス協会から政策要望

  2. 岩手県釜石市を視察、宮古市で時局講演会

  3. 並行在来線関係道県協議会から要望を受ける

  4. 連合から予算・政策について要請受ける

  5. 「福島復興の加速を」福島県 山田基星町長と懇談

  6. 仙台市泉区で総決起大会に出席