統一選に向け全国遊説をスタート

 公明党は2月23日午後、4月の統一選地方選挙の大勝利に向け全国遊説をスタートしました。党選対委員長として、神崎武法代表と共に神奈川県川崎、横浜両市で街頭演説を行いました。


統一選に公明党は2100人を超える候補を擁立する予定ですが、街頭演説では、「だれが”庶民の目線”で地域のために闘ってくれるのかを決める選挙だ。公明党は全員勝利をめざし、総力を挙げて戦い抜く」と、公明党への支援を訴えました。皆様の更なるご支援を宜しくお願い致します。


関連記事

  1. 福島県・郡山市、伊達市の「党新春政経セミナー」「国政報告会」に出席

  2. 山形県鶴岡市議選がスタート

  3. <関連> 3党合意に関する山口代表講演要旨

  4. 家賃支援1兆円規模で ~党対策本部が政府に要請

  5. 大雨被害で政府に要請

  6. 「安全保障法制整備に関する協議会」に出席