統一選に向け全国遊説をスタート

 公明党は2月23日午後、4月の統一選地方選挙の大勝利に向け全国遊説をスタートしました。党選対委員長として、神崎武法代表と共に神奈川県川崎、横浜両市で街頭演説を行いました。


統一選に公明党は2100人を超える候補を擁立する予定ですが、街頭演説では、「だれが”庶民の目線”で地域のために闘ってくれるのかを決める選挙だ。公明党は全員勝利をめざし、総力を挙げて戦い抜く」と、公明党への支援を訴えました。皆様の更なるご支援を宜しくお願い致します。


関連記事

  1. 第4次安倍内閣が発足 ~安倍首相らが就任のあいさつ

  2. 「仮払いは国の責任で」福島県知事から緊急要望

  3. 党代議士会に出席

  4. 仙台で新年事務所開きを開催

  5. 皇位継承の安定性など議論 ~「退位」で各党全体会議

  6. 公明こそ政治安定の要役 ~兵庫・加古川市の時局講演会に参加