仙台で街頭演説会を開催












rowSpan=2> 3月22日(土)午後、仙台市宮城野区、青葉区で神崎武法代表を迎え街頭演説会を行いました。




 街頭演説では、4月の統一地方選挙で県議会に挑戦する庄子けんいち(宮城野区),小野寺初正(太白区)、石橋信勝(青葉区)が挨拶に立ち、支援を訴えました。


 次いで私から、公明党が4年前の統一地方選挙で掲げた「児童手当の拡充」「奨学金制度の充実」等の公約を着実に実現してきたこと、「政治は結果責任」であり、これからも政策実現政党として約束を果していくとの決意を述べ、地方統一選挙への支援を呼びかけました。


 神崎代表からは、イラクに対する軍事行動が、一日も早く終結し、事態が解決されること、戦後復興・難民支援が国連を中心とした国際協力で行なわれるよう努力したい旨、述べました。さらに、公明党が連立政権に参加して3年5ヶ月、福祉、環境、人権等に光が当たり政治の質が変わってきたと述べ、公明党に対する支援を訴えました。(3月22日)





関連記事

  1. 被災者支援に総力を ~党対策本部が緊急要請

  2. 台風豪雨被害に万全を ~政府に緊急要望

  3. 「第4次与党提言の作成に向けて議論」党東日本大震災復興加速化本部

  4. 与党整備新幹線建設推進PT 太田国交相に要望

  5. 党宮城県本部で夏季議員研修会

  6. 富山県黒部市の時局講演会に出席