第3回湯沢雄勝農業者大会に出席


 6月21日、湯沢雄勝農業者大会に出席し、新しい米政策改革大綱について議論をすると共に、今後の地域農業の在り方について参加者と共々に考えました。


 米政策改革大綱については、私の大網作成のかかわりや委員会質疑の内容を報告しながら、「農は国の基(もとい)」の観点から、生産者の所得保障を含め総合的な補償制度や、制度設計の多面的評価など、地域農業振興のため国の積極的取り組みが必要である事を述べました。参加者からは、現場で直面している問題点など多くの質問・意見がされました。真剣な取り組みこそが未来の日本農業を拓いていくと確信しました。






関連記事

  1. 自公結束し防災を強化 ~総裁3選の首相と確認

  2. 指定都市市議会議員と懇談

  3. 「介護離職ゼロ」めざす

  4. 「地域主権型道州制」道州制推進連合から要望

  5. 東北6県で情報交換を ~仙台市で観光振興シンポ

  6. 雇用、年金で地域貢献 ~社労士の交歓会で訴え