(社)日本臨床看護家政協会・東北ブロック協議会の所長セミナーで講演


 (社)日本臨床看護家政協会・東北ブロック協議会の定期総会が6月27日、仙台市内であり、引き続き行なわれた所長セミナーで「介護分野における政策上の最新事情」と題して講演しました。


 セミナーには、看護婦家政婦紹介所や介護事業所長等約50人が参加。私からは、介護保険制度開始から3年が経過、利用者やサービス量が増加、特に居宅サービス利用者が倍増している現状を踏まえ、多様な事業展開が制度的にも可能になっていること等を具体的に話しました。
 また、介護報酬の見直しや第三者評価とうについても意見交換しました。






関連記事

  1. 党宮城県本部「少子対策シンポジウム」に参加

  2. 都内で「国政と都政を考える集い」を開催

  3. 熊本の日常 取り戻す ~蒲島知事らが公明に申し入れ

  4. 過疎集落の課題で議論 ―党地域活性化推進本部―

  5. 生活衛生中央会から消費税増税に関する要望

  6. 岩手県釜石市を視察、宮古市で時局講演会