(社)日本臨床看護家政協会・東北ブロック協議会の所長セミナーで講演


 (社)日本臨床看護家政協会・東北ブロック協議会の定期総会が6月27日、仙台市内であり、引き続き行なわれた所長セミナーで「介護分野における政策上の最新事情」と題して講演しました。


 セミナーには、看護婦家政婦紹介所や介護事業所長等約50人が参加。私からは、介護保険制度開始から3年が経過、利用者やサービス量が増加、特に居宅サービス利用者が倍増している現状を踏まえ、多様な事業展開が制度的にも可能になっていること等を具体的に話しました。
 また、介護報酬の見直しや第三者評価とうについても意見交換しました。






関連記事

  1. ダクト団体の祝賀会であいさつ

  2. 17年度予算案の衆院通過、安倍首相が公明に謝意

  3. 東日本大震災8年 福島再生の体制確保へ ~被災9市町村を調査

  4. 「原発事故の教訓を共有」チェルノブイリ関係者と懇談

  5. 仙台卸売市場の「初せり式」に参加

  6. 衆院通過の二重ローン救済法案