「三陸議員サミット」第1回釜石会議を開催












rowSpan=2> 7月5日、三陸沿岸の地域課題を考える第1回会議「三陸サミット」を、岩手県釜石市内で開催しました。


 私が本部長を務める公明党「元気な東北づくり推進本部」が主催したもので、この日の会議には、渡辺参院議員、井上龍夫東北政策局長のほか、青森、宮城岩手各県の三陸沿岸の地方議員が約30人出席しました。三陸地域に共通する政策課題を討議し、5項目の運動論を採択しました。サミットに先立ち、小沢釜石市長、山崎大槌町長、漁協関係者と社会基盤の整備や沿岸漁業の振興、防災対策の強化などについて活発に意見交換。
 サミットでは、
①三陸沿岸の高速交通路の確立
②三陸沿岸漁業の振興
③観光の振興
④宮城県沖等日本海溝型地震への対策強化
⑤美しい自然を守るための環境対策


5点の運動方針を決定しました。(7月5日)





関連記事

  1. 衆院北海道5区補選告示第一声に参加

  2. 宮城県議選がスタート

  3. 衆院通過の二重ローン救済法案

  4. 予算概算要求に向け各団体と意見交換

  5. 統一外地方選挙の応援で各地を訪問

  6. 不動産協会の賀詞交歓会