岩手県二戸市で「時局講演会」を開催


 7月26日夜、岩手県二戸市で『公明党時局講演会』を開催しました。


 席上私は、イラク復興支援特別措置法をめぐる野党の不信任決議案提出などの対応について、「11月の総選挙をにらんだパフォーマンスに過ぎない」と批判。今国民が求めているのは、地に足のついた着実な政策実現の積み重ねである事を指摘し、「公明党は、自民党だけでは実現しにくい政策を与党の立場で数多く実現してきた」と生活与党・公明党の存在をアピールしました。






関連記事

  1. 高層住宅管理業協会・新年賀詞交歓会に出席

  2. 記者会見で一体改革法案について見解

  3. 「東北の復元力が未来への希望」 ~公明新聞てい談

  4. 防災・減災 ニューディール基本法策定へ議論

  5. 指定都市市議会議員と懇談

  6. 都政、前に進める公明 ~党北多摩第3総支部のフォーラムに出席