岩手県二戸市で「時局講演会」を開催


 7月26日夜、岩手県二戸市で『公明党時局講演会』を開催しました。


 席上私は、イラク復興支援特別措置法をめぐる野党の不信任決議案提出などの対応について、「11月の総選挙をにらんだパフォーマンスに過ぎない」と批判。今国民が求めているのは、地に足のついた着実な政策実現の積み重ねである事を指摘し、「公明党は、自民党だけでは実現しにくい政策を与党の立場で数多く実現してきた」と生活与党・公明党の存在をアピールしました。






関連記事

  1. 「NZ地震・被災者救援を万全に」政府に要望

  2. 日本税理士会、中小企業中央会などと要請懇談

  3. 「耐震偽造」安全確保最優先に・与党対策本部が政府に申し入れ

  4. 党全国県代表協議会を開催

  5. 予算・税制で団体要望

  6. 与党税制協議会が初会合