宮城沖地震対策で防災相に要請


 8月7日、公明党宮城県本部の石橋代表らと内閣府に鴻池祥肇防災担当相を訪ね、宮城県沖地震対策の強化を申し入れました。


 2030年までに90%以上の確率で発生が想定される宮城県沖地震対策として


(1)
特別措置法による防災対策強化地域の早期指定
(2) 公共・民間建築物の耐震診断と改修を計画的に行うための助成
(3)
防災通信網・地震観測体制の整備推進


――などを要請しました。






関連記事

  1. 「第2波」に警戒、備えを ~政府・与党連絡会議に参加

  2. 自民党新役員が公明党を表敬

  3. 会津若松市・福島県本部主催の新春政経セミナーに出席

  4. 小さな声生かす政治貫く ~新春街頭演説会に参加

  5. 仙台塩釜港、向洋地区ふ頭再編改良事業着工式に出席

  6. 三陸縦貫自動車道・釜石山田道路開通祝賀会に出席