58回目の終戦記念日に街頭演説会を開催


 8月15日、角田市と仙台市(4ケ所)で終戦記念街頭演説会を開きました。


 私は、この日が過去の悲劇を振り返るだけでなく、それを後世に語り伝え、戦争のない平和な世界を築くことを誓う日であることを強調。東西冷戦終結後10年余、いまだに地域紛争が繰り返され、テロの恐怖にさらされている国際社会に平和をもたらすためには、「人間の安全保障」の理念を確立するが必要である事。そのために日本が積極的に貢献すべきであること等を訴えました。

 そして、公明党がその先頭に立って、「人道と平和の21世紀」目指して戦うことを表明し、公明党へ絶大なる支援を訴えました。






関連記事

  1. 「第5次提言へ」東日本大震災復興加速化に関するPTの会合に出席

  2. 平和、福祉を守り抜く ~宮城・岩手で新春街頭演説

  3. 来年度予算で北海道知事が要望

  4. 福島県いわき市の「党新春政経セミナー」に出席

  5. マンションの適正な管理へ活躍期待 ~管理業協の新年賀詞交歓会に出席

  6. 口腔ケアの普及を厚労省に要望