青森市議会からの豪雪被害支援

















間山勲議長・原田一紀公明党市議ら青森市議会各派代表から「豪雪に伴う除排雪事業への財政支援に関する要望」を受けました。
北側一雄国土交通大臣へ要望

 2月14日(火)午前、間山勲議長・原田一紀公明党市議ら青森市議会各派代表から「豪雪に伴う除排雪事業への財政支援に関する要望」を受けると共に、同代表団と北側一雄国土交通大臣への要望活動を行いました。



 北側大臣への要望では、累計降雪量743cm・積雪深143cm(2月13日現在)と観測史上4番目であった昨年をも上回る降雪の現状を説明。公共交通機関の遅延や交通渋滞、道路冠水、除排雪作業中の人的被害・事故など、市民生活への深刻な影響も報告されました。

 大臣からは、特別交付税等の財政支援について2月末を目途に積雪被害の現況再調査を行い、総務省とも連携して財政支援に万全を期していきたい旨の回答がありました。






関連記事

  1. コメ政策の検討開始・党農水部会

  2. 岩手県花泉町・沢内村・衣川村で公明フォーラムを開催

  3. 米軍機の基地外事故 早期の現場立入可能に ~日米が指針改正で合意

  4. 仙台市中央卸売市場の業務開始式に出席

  5. 5県知事会から要望を受ける

  6. 法務省に「裁判員制度についての提言」を手渡しました。