JF全漁連、JA全中の全国集会で挨拶












8.27 WTO全国漁民大会


size=-1>8.28 JA全国代表者集会

 8月27日、都内で開催された「WTO日本提案実現
全国漁民大会」に党を代表して出席、連帯と激励の挨拶を行いました。



 席上私は、本年5月のWTO会議で示された水産物の関税撤廃案に対し、「もし関税撤廃という事態になると、日本の漁業経営は壊滅的な打撃を受けるばかりか、乱獲による水産資源の枯渇をも招きかねない」と主張。「政府与党が一体となって、水産物関税撤廃を断固阻止する」との決意を表明しました。(8月27日)




 翌28日、同じく都内で行われた「WTO農業交渉日本提案実現・全国代表者集会」にも出席。日本の農業を守るとの観点から、概要下記のような激励挨拶を行いました。


 「これ以上農産物の輸入拡大が続くと、輸入農産物の残留農薬問題など『食の安全』という観点から、生産者のみならず消費者にも大きな問題が現出する。日本の農業を守ることは、生産者・消費者双方の共通課題だ」と力説。「農業交渉における日本提案の実現に全力で取り組む」旨の決意表明もいたしました。(8月28日)



関連記事

  1. 東北市長会から「道路特定財源」の要請受ける

  2. 日本経済団体連合会と意見交換

  3. 党函館総支部の時局講演会に出席

  4. 政府・与党連絡会議に出席

  5. 宮城県気仙沼市で公明党国政報告会

  6. 所得補償とFTA推進の一体化検討を批判