仙台で東北後援会決起大会を開催・時局講演会に出席











 10月21日夜、来るべき衆議院総選挙へ向けた東北後援会決起大会が仙台で行われました。


 これには、来賓として坂口厚生労働大臣、藤井仙台市長も出席。およそ、1000人の方々のご出席を頂いて決戦への出陣を致しました。
 席上私は、公明党が連立政権に参加して4年の実績を述べるとともに「公明党は生活者の立場で政治改革をすすめ、政治の質を変えてきた」と強調。今後とも政策実現のため、全力で取り組んで参りたいと述べ、連立内閣の要「生活与党・公明党」への支持を訴えました。
 来賓の坂口厚生労働大臣からは私へのエールと共に、東北ブロック2議席確保のためご参加の皆様の熱いご支援をいただきたい旨のスピーチがありました。



 決起大会後、19時から宮城県本部主催の時局講演会に出席しました。
公明党の「年金100年安心プラン」をアピール。庶民の目線に立った政策実現の党、公明党への支持を訴えました。
(10月21日)



関連記事

  1. 復旧に総力挙げよ ~台風被害、合同会議を開催

  2. 「がれき広域処理を推進」党チームが初会合

  3. 防災拠点の耐震化急げ ~政府・与党連絡会議に出席

  4. 党宮城県本部主催の秋季政経セミナーに出席

  5. (社)日本建築ブロック・エクステリア工事業協会「賀詞交歓会」に出席

  6. 所得補償とFTA推進の一体化検討を批判