統一外地方選挙の応援で各地を訪問


岩沼市
「長田ただひろを励ます会」

二本松市
「小林ひとし候補・告示第一声」
11月29、30日、12月に行われる統一外地方選挙の応援で、宮城県岩沼市・福島県二本松市を訪れました。


岩沼市では「長田ただひろを励ます会」に、二本松市では「小林ひとし候補・告示第一声」に参加しました。
講演・演説の中で私は、衆議院総選挙において、過去最高873万の比例票を出していただいた支持者の方々のご支援に厚く御礼を述べるとともに、公明党が、2大政党だけではすくい切れない国民の多様なニーズ(要望)の”受け皿”として期待されていると主張。「政策実現政党」として今後とも国民の信頼と期待に応えるために更に奮闘していくことを約しました。


12月7日には、岩手県一関市の市議選の告示第一声に行く予定です。(12月1日)

関連記事

  1. 所得補償とFTA推進の一体化検討を批判

  2. 各方面政策懇談会で新ビジョンを検討

  3. 日税連から要望

  4. 三陸沿岸道路歌津~本吉「即年着工」起工式に出席

  5. 山形県本部主催の時局講演会に出席

  6. 北陸新幹線の早期開業へ支援を訴え ~沿線知事らから要望