印刷 「審議が国会の役割」 ~党代議士会であいさつ

20180424_1.jpg

4月24日(火)昼、私は国会内で開かれた党代議士会で、立憲民主や希望、共産などの野党が麻生太郎財務相の辞任などを求め、同日の衆院本会議を欠席したことについて、「大変残念だ。いかなる場合であっても、国会は審議をして結論を出すのが最大の役割であり、審議をしないのは筋が通らない」と指摘しました。

その上で、衆院で審議入りした民法改正案について、「国民生活に大きな影響がある法案であり、国会審議の中で課題を明確にしていくことが大事だ。しっかり審議していきたい」と述べました。

今後の国会運営については、6月20日の会期末まで審議日程が限られていることから、「野党の言い分にも十分に耳を傾けながら、(一連の政府の)問題の解明を進めると同時に、国会審議を前に進めていきたい」と語りました。



関連記事

  1. 第11回公明党全国大会開催

  2. 「衆議院議員総選挙対策本部」を設置

  3. 全国県代表協議会で総決起

  4. 米国務副長官と会談

  5. 予算の衆院通過 月内に ~政府与党協議会に出席

  6. 国会会期 7月22日まで ~自公党首会談に参加