宮城・大崎市議選がスタート

20180408_1.jpg

4月8日(日)、宮城県大崎市議選(定数30)が告示され、15日(日)の投票日に向け、大激戦が展開されております。私も街頭演説に参加し、全員当選へ絶大なる支援を呼び掛けました。

大崎議選で公明党からは、現職の山田かずあき候補(67)と、横山えつ子候補(64)の2候補が出馬し、戦っております。

20180408_2.jpg

私は、大崎市議選について「市長と車の両輪で、市政を進める人材が必要」と強調。「多くの実績と、市民相談を受けてる両候補は今後の大崎に欠かせないと」と述べました。

その上で、「市・県・国のネットワークで政策を実現する力がある政党は公明党しかない」と訴え、「若い力、女性の視点、行動力や実現力をそれぞれが持つ公明3候補を断じて勝たせてほしい」と訴えました。

関連記事

  1. 与党税制協議会が初会合

  2. 天皇退位、3月中旬までに意見集約

  3. 地方6団体などの「地方分権改革総決起大会」に出席

  4. 後期高齢者医療制度などの諸課題について協議 ―政府・与党連絡会議―

  5. 都政、前に進める公明 ~党北多摩第3総支部のフォーラムに出席

  6. 県内8団体から政策要望聴く ~公明党宮城県本部