「100万人訪問・調査」運動スタート ~地元仙台で調査

20180401_1.jpg

約3000人の公明議員が地域の最前線で、「子育て」「介護」「中小企業」「防災・減災」の4分野をテーマにアンケートを行う「100万人訪問・調査」運動が始まりました。私や山口那津男代表ら党幹部は早速1日を中心に、各地で住民や中小企業経営者、自治会などの関係者らと膝詰めの対話を行い、意見や要望に耳を傾けました。

私は3月31日(土)、仙台市内に住む中村等さん(80)、恵子さん(73)夫妻宅を訪れ、「介護アンケート」を行いました。

市営住宅に暮らす中村さん夫妻は、町内会など地域の行事へ活発に参加している模様を交えながら、「この団地も高齢の単身者が増えている」と話しました。

私が、「将来、介護が必要になったとき、困ることは何ですか」と調査項目に沿って尋ねると、「子どもたちは皆、独立して県外へ。いざという場合、すぐに支援が受けられないのではと心配です」とお答えになりました。



関連記事

  1. 塩釜魚市場 初売りの儀に出席

  2. 「東北夏季議員研修会」に参加

  3. TPP国内対策 宮城県内で畜産、コメ農家の声聞く

  4. 公明勝利で政治を安定 ~宮城・仙台市の時局講演会に参加

  5. 観光資源へのアクセス向上に協力 ~日本民営鉄道協会・賀詞交歓会に参加

  6. 米消費拡大・純米酒議員連盟の副会長に