与党、国会招致を検討 ~自民・公明幹事長会談

3月14日(水)午前、私と自民・二階俊博幹事長は、都内で会談し、学校法人「森友学園」への国有地売却で財務省が決裁文書を書き換えていた問題を受け、財務省理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官の国会招致を検討する方針で一致しました。

この中で私は、決裁文書の書き換えについて、「誰がどういう目的でやったのか真相解明するのは国民の関心事だ。与野党通じて共通の問題意識であり、立法府として解明する必要がある」と指摘。その上で、「審議を通じて佐川氏の国会招致が必要であれば、野党にも呼び掛け協議していきたい」と述べました。

また、自公幹事長は、約3年前に財務省が決裁文書に関連するメモを削除していた事実を明らかにしたことに対しても、財務省に説明責任を求めていくことで一致しました。

来年度予算関連法案への対応では、国民生活に関わる重要な法案であることから、年度内成立を期すことを確認しました。

一方、立憲民主、民進、希望、共産など野党6党は同日午後、国会内で幹事長・書記局長会談を開き、早期に衆参両院の予算委員会で集中審議を行い、佐川氏の証人喚問を求めることで一致しました。



関連記事

  1. 熊本の日常 取り戻す ~蒲島知事らが公明に申し入れ

  2. 吉田川床上浸水対策着工式に参加

  3. 「竜巻の被災者支援を万全に」 原因究明など要請

  4. 仙台塩釜港、向洋地区ふ頭再編改良事業着工式に出席

  5. 「年金含む全体像示せ」 国会で政府を追及

  6. 「公明31議席の大勝利」第46回衆議院総選挙