日韓親善 共に努力 ~民団の新任役員が表敬

20180312_1.jpg

3月12日(月)、私と山口代表は国会内で在日本大韓民国民団中央本部(民団)の呂健二団長をはじめとする新任役員の表敬を受け、和やかに懇談しました。民団側から朴安淳議長、梁東一監察委員長、徐元喆事務総長、党側から太田昭宏全国議員団会議議長らが同席しました。

席上、山口代表は民団の新出発を祝福した上で、北朝鮮の非核化に向けて日韓で結束していく重要性を強調。さらなる日韓関係の深化へ、「同じ日本の地域で暮らし、仕事をする民団の皆さんと共に努力していきたい」と語りました。

呂団長は、今年で72年になる民団の歴史を踏まえ「必ずや、日韓親善友好の懸け橋としての役割を果たしていく」と決意を述べました。



関連記事

  1. 「救出作業一刻も早く」党御嶽山噴火災害対策本部

  2. 政権基盤固め政策実行 ~自公党首会談

  3. 党代議士会に出席

  4. 本格運用へ万全期せ マイナンバーの「情報連携」試行

  5. 熊本の日常 取り戻す ~蒲島知事らが公明に申し入れ

  6. 第11回公明党全国大会開催