寄り添う支援 さらに ~岩手の復興会議に出席

20180310_1.jpg

3月10日(土)、私は岩手県宮古市で開催された同県本部(代表=小野寺好県議)の復興会議に出席し、「人間としての復興を成し遂げるまで、寄り添う支援を続けていく」と訴えました。

私は東日本大震災の発災から7年が経過することに触れ、「今、何が課題であるのか、立ち位置を明確にするのが大事だ」と力説しました。大規模な被害状況を踏まえ、国が前面に立って復興を後押しするために創設された復興庁が、2020年度末に期限を迎える点に言及し、「何らかの形で後継組織をつくる必要がある」と指摘。与党としての考えを取りまとめ、政府に提言を提出していく方針を表明しました。

また私は風化を防ぐために、「忘れないことが大事だ。被災者が取り残されないよう支援を継続したい」と強調。その上で「災害の教訓を次の世代や他の地域、そして世界に伝え、防災・減災対策強化につなげていく」と語りました。

復興会議では、来賓の山本正徳宮古市長、中居健一岩泉町長が復旧・復興への公明党の取り組みに謝意を表明。党の国会議員や地方議員が復興状況と今後の課題などについて報告しました。



関連記事

  1. 岩手、宮城の沿岸自治体から要望

  2. 平成28年熊本地震対策本部の緊急会合を開催

  3. 党東日本大震災復興加速化本部、復興・防災部の合同会議に出席

  4. 「連立政権で日本再建」第182特別国会が召集

  5. 日本経済団体連合会と意見交換

  6. 公明が真価発揮する時 ~党熊本県本部大会に出席