除排雪へ財政支援必要 ~福井県知事から要望受ける

20180221_1.jpg

2月21日(水)、私は衆院第2議員会館で福井県の西川一誠知事らから、大雪被害の除排雪に対する財政支援などの要望を受けました。北側一雄副代表、石田祝稔政務調査会長らが同席しました。

西川知事は、福井の大雪で主要幹線道路が通行止めになったことに触れ、「住民に生活物資を届ける県道や市町道の役割は重要だ」と主張。自治体による除排雪の財政負担を軽減するため、「国のさらなる支援を」と訴えました。

また、被害の再発防止へ向け、除雪体制の強化を要請。消融雪設備の拡充や、雪で走行不能になった車両の救助機械の導入などを求めました。私は「政府と連携しながら、しっかり対応していく」と応じました。



関連記事

  1. 第8回公明党全国大会を開催

  2. JFAの新春賀詞交歓会に出席

  3. 各種団体からの予算・税制ヒアリング 始まる

  4. 岩手県大船渡市議選がスタート

  5. 宮城県仙台市・岩沼市の支部会に出席

  6. 全国農業会議所から要請