イラン大地震の被災者救援で街頭募金

 成人の日の12日午後、仙台市中心部でイラン大地震の被災者救援のため街頭募金を公明党宮城県本部並びに「イラン地震被災者を救援する宮城県民の会」の方々と共に行いました。
 昨年末、イラン南東部の古都バムを襲った大地震による死傷者は7万人以上もにのぼり、被災者の多くが今なお住む家もなく、寒い中でテントや毛布、医療品、食料等の支援を待望んでいることを訴え、募金への協力を呼び掛けました。これに対して、多くの市民・県民から真心の支援が寄せられました。心より感謝申し上げます。(1月12日)



関連記事

  1. 仙台中央卸売市場、業務開始式に参加

  2. 「仮払いは国の責任で」福島県知事から緊急要望

  3. 第180通常国会閉幕 両院議員総会を開催

  4. 「県、国連携し対策を急ぐ」 仙台で冠水地域など調査

  5. JFAの新春賀詞交歓会に出席

  6. 宮城県北部地震で鴻池担当相に要望を申し入れ