機運逃さず首脳往来を ~与党訪中受け首相に提言

20180110_2.jpg

1月10日(水)午後、私と自民・二階俊博、両党幹事長は、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、昨年12月に与党訪中団として出席した日中与党交流協議会について報告しました。両幹事長は「中国側の日中関係改善の機運は相当、盛り上がっている」と指摘。この機を逃さず、首脳往来の実現へ政府として努力するよう提言した。安倍首相は「しっかり取り組む」と応じました。

また私は、中国が提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」について、協議会で中国側から「日本に説明に行きたい」との提案があったことなどに言及しました。

安倍首相は「中国側の考え方もかなり整理されてきている。個別の案件について、日本で対応できるものは対応していきたい」と述べました。

一方、安倍首相は、日中韓サミット(首脳会談)についても、早期開催に向けて取り組む意欲を示しました。



関連記事

  1. 党宮城県本部「少子対策シンポジウム」に参加

  2. 来春から「児童手当」復活へ 3党幹事長・政調会長会談

  3. 湯沢市、青森市の要望を国交大臣に

  4. 全国県代表協議会

  5. 「国会審議の再開を確認」3党幹事長会談

  6. 各団体から平成22年度の税制改正で要望受ける