鶴岡市での総支部大会に出席

 2月1日夜、山形県鶴岡市で開かれた党山形第4総支部の大会に出席しました。これには公明党から渡辺孝男参議院議員、寒河江政好県代表(県議)、自民党から加藤紘一衆議院議員、岸宏一参議院議員らも出席しました。

 席上私は、まず昨秋の衆議院総選挙において、過去最高873万の比例票を出していただいた党員・支持者の皆さまのご支援に御礼を述べました。また、マニフェスト実現への取り組みとして、児童手当の充実や年金改革など既に04年度予算案に盛り込まれた成果を紹介。特に不妊治療への経済支援について、今年4月から高額な不妊治療費の負担軽減に向け助成制度(体外受精・顕微受精に対し、二年を限度に年一回10万円を助成)が創設されることを報告しました。この他、公明党が衆院選の際に掲げたマニフェストの達成に向けて全力で取り組んでいる様子を紹介しました。
 本年夏の参議院選挙については、東北の代表として応援していく風間ひさし比例区予定候補(現職)をあらためて紹介する共に、党員の皆さまの絶大な支援を訴えました。(2月1日)



関連記事

  1. 北陸、九州新幹線の早期開業を求める ~与党PTが会合

  2. 与野党幹事長会談に出席

  3. 「地方財源の拡充を」山形県町村会から提案

  4. 産業集積国がリードを ~官房長官へ要望

  5. 雇用、年金で地域貢献 ~社労士の交歓会で訴え

  6. リアス・ハイウェイ女性の集いに出席