平和、福祉を守り抜く ~宮城・岩手で新春街頭演説

20180102_1.jpg

1月2日(火)、私は仙台市で開かれた党宮城県本部(庄子賢一代表=県議)と、盛岡市で開かれた党岩手県本部(小野寺好代表=県議)の街頭演説会に地元議員と出席しました。

私は、3月で東日本大震災から7年となることに触れ、「いまだ避難生活を余儀なくされ、仮設住宅でお正月を迎えた人もいる。一人一人が『人間の復興』を成し遂げるまで寄り添い続ける」と述べました。また、昨年12月に閣議決定された「新しい経済政策パッケージ」に公明党の主張である幼児教育無償化などが盛り込まれたことを紹介。

さらに、多くの中小企業から寄せられた声から後継者の税負担を軽減する「事業承継税制」の抜本的拡充を推進したと強調。その上で「公明党は、現場の悩み、地域の課題を地方議員、国会議員のネットワークで受け止め、具体的な政策とし、実現していく」と訴えました。



関連記事

  1. 軽減税率 定着めざす ~公明党群馬県本部「新春の集い」に出席

  2. 東日本大震災復興の加速化に向けての意見交換

  3. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  4. 党宮城県本部大会に出席

  5. 党代議士会に出席

  6. 政府・与党連絡会議を開催、核実験を非難