日中友好へ強い意志 ~習主席と会談

20171228_1.jpg

12月28日(木)午後、与党訪中団の私と自民・二階俊博幹事長は、北京市内の人民大会堂で中国の習近平国家主席と会談しました。

二階幹事長は「政府間交流の実現へ来年は習主席を日本でお待ちしている」と訪日を要請しました。

私は、公明党創立者・池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長による「日中国交正常化提言」50周年(来年)に触れた上で、「日中が友好関係を築くことなくしてアジアと世界の平和はない。公明党はこの信念の下、日中の友好協力の推進に強い意志を持って取り組んでいきたい」と強調しました。

また、習主席の外交理念「人類運命共同体」に言及し、「公明党の政策にも通じる。今後も連携して実現を図っていきたい」と決意を伝えました。習主席は「そうですね。頑張りましょう」と力強く応じました。



20171228_2.jpg

これに先立ち、私と二階幹事長ら与党訪中団一行は同日午後、人民大会堂で、中国共産党中央政治局委員であり、中国外交を統括する楊潔篪国務委員(副首相級)と会談。公明党から西田実仁広報委員長(参院議員)、遠山清彦国際委員長(衆院議員)、山本香苗政務調査会副会長(参院議員)、伊藤渉広報局長(衆院議員)が同席しました。

北京・中国人民対外友好協会席上、井上幹事長は「政治、経済、文化の面で友好協力を進めたい」とし、首脳往来の活発化を提言。楊国務委員は賛意を示しました。

このほか、一行は同日午後、北京市内の中国人民対外友好協会内で同協会の李小林会長と会見。釣魚台国賓館では中日友好協会の唐家璇会長とも懇談しました。



関連記事

  1. 日本サービス・流通連合の政策懇談会に出席

  2. 山形県本部の時局講演会に出席

  3. 日中首脳往来に意欲 ~与党訪中団、出発に向けて

  4. 福島復興やり遂げる ~福島県本部大会であいさつ

  5. 公明党山形県本部夏季研修会

  6. 「復興予算 使い道を適正化せよ」党対策本部が政府に緊急提言