復興拠点支援が必要 ~福島・双葉町長から要望受ける

20171205_2.jpg

12月5日(火)、私が本部長を務める、公明党の東日本大震災復興加速化本部は、国会内で、福島県双葉町の伊澤史朗町長から、東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている帰還困難区域で再び生活できるようにする「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の整備に関して要望を受けました。

伊澤町長は、同町の復興拠点計画が9月に国の認定を受けたことを踏まえ、「面積の96%が帰還困難区域に指定されている双葉町の復興は、まさにこれからが本番だ」と強調。復興拠点の整備を確実に進めるため、復興財源の長期確保や、新たな町の姿に応じた公共施設の再整備を要請しました。

また、帰還困難区域に立ち入って復興拠点を整備する作業員らが不安を抱かないように正しい情報を伝えるなど、風評被害対策に努めるべきと訴えました。

私は、「しっかりと取り組む」と応じました。

これに先立ち伊澤町長は復興庁を訪れ、吉野正芳復興相に対して同様の要望を行いました。浜田昌良復興副大臣(公明党)が同席しました。



関連記事

  1. JA全中・全農と意見交換

  2. 東北青年局が小渕大臣と要望面談

  3. 日本弁護士政治連盟の懇親会に出席

  4. 国民の声を政策に反映 ~兵庫の「文化フォーラム」に参加

  5. 原発の耐震万全に―福島県知事から要望受ける―

  6. 安倍首相、公明を表敬