吉田川床上浸水対策着工式に参加

20171202_1.jpg

12月2日(土)、私は宮城県大和町で行われた、吉田川床上浸水対策着工式に参加し、挨拶しました。式典には、地元の関係者など80名余りが参加しました。

吉田川は平成27年9月の関東東北豪雨により越水が起こり、上・中流域で周辺地域に浸水被害をもたらしました。

今回の事業は、国土交通省と宮城県による緊急事業として、河道の掘削や遊水地の整備などを行い、関東東北豪雨と同規模の洪水に対して、越水による浸水被害を防ぐものです。

私は、防災・減災を党を挙げて取り組むと述べ、水害をはじめとした災害対策に力を入れることを強調しました。



関連記事

  1. 桜島火山活動対策議会協議会からの要望

  2. 気仙沼大島での離島懇談会、気仙沼の時局講演会に出席

  3. 早期の激甚災害指定を 早期復旧に関する緊急提言

  4. 東日本大震災復興の加速化に向けての意見交換

  5. 党三陸沿岸復興会議 に出席

  6. 地元・仙台で街頭演説会