登録免許税の軽減延長を要請 ~船主協会との懇談会に出席

20171130_1.jpg

11月30日(木)朝、私は都内で日本船主協会(武藤光一会長)との懇談会に出席し、来年度の税制改正に関する要望を受けました。

武藤会長は、海運業の国際競争力を高めるため、「日本籍船の登録免許税と固定資産税の軽減措置を延長してほしい」と訴えました。私は「海運業は日本の生命線。しっかり取り組んでいく」と応じました。

石田祝稔政務調査会長、斉藤鉄夫税制調査会長、赤羽一嘉国土交通部会長(衆院議員)が同席しました。



関連記事

  1. 「被災地特例の実施を」政府に申し入れ

  2. 生活再建へ現場調査 福島県川内村を視察

  3. 公明党新潟県本部の議員総会に出席

  4. 「出先機関移管、強力に」関西広域連合 地方分権の推進で要請

  5. 現場の声を予算・税制に

  6. 「地方分権を政策綱領に」全国知事会から要望