「小康社会」実現めざす ~中国共産党中央党校副校長と意見交換

20171124_1.jpg

11月24日(金)、私は都内で中国共産党中央党校の何毅亭常務副校長ら一行と会い、10月に開かれた中国共産党の第19回党大会について説明を聞きました。赤羽一嘉国際委員長代理(衆院議員)、西田実仁広報委員長(参院議員)らが同席しました。

席上私は、党大会の成功と新指導部が発足したことに祝意を表明。「日中関係は日本にとって重要な二国間関係だ」と語るとともに、来週には山口那津男代表が北京で開催される国際会議に出席することや、自身も年末に「日中与党交流協議会」で訪中の予定があることを伝えました。

何副校長は、党大会のポイントを述べ、習近平総書記の2期目について「中国人民を導いて『小康社会(ややゆとりのある社会)』の全面的な完成と、社会主義の現代化の実現に根差して努力していく」と力説しました。



関連記事

  1. 岩手・宮城両県本部主催の憲法記念日街頭演説に出席

  2. 8道県知事から暫定税率の維持の要望受ける

  3. 「復興施策の予算確保を」佐藤福島県知事から要望

  4. 「ウィメンズクラブ・希望・未来21」懇談会に参加

  5. 防災拠点の耐震化急げ ~政府・与党連絡会議に出席

  6. 「退位」法整備で議論 ~各党全体会議