「小康社会」実現めざす ~中国共産党中央党校副校長と意見交換

20171124_1.jpg

11月24日(金)、私は都内で中国共産党中央党校の何毅亭常務副校長ら一行と会い、10月に開かれた中国共産党の第19回党大会について説明を聞きました。赤羽一嘉国際委員長代理(衆院議員)、西田実仁広報委員長(参院議員)らが同席しました。

席上私は、党大会の成功と新指導部が発足したことに祝意を表明。「日中関係は日本にとって重要な二国間関係だ」と語るとともに、来週には山口那津男代表が北京で開催される国際会議に出席することや、自身も年末に「日中与党交流協議会」で訪中の予定があることを伝えました。

何副校長は、党大会のポイントを述べ、習近平総書記の2期目について「中国人民を導いて『小康社会(ややゆとりのある社会)』の全面的な完成と、社会主義の現代化の実現に根差して努力していく」と力説しました。



関連記事

  1. 「TPP国民的議論を」JA全中から要請

  2. 2011年度第1次補正予算案、衆院通過で見解

  3. 公明党石川県本部の「新年の集い」に出席

  4. 平成30年7月豪雨災害、街頭救援募金活動に協力

  5. 明年の政治決戦に勝つ ~宮城県本部大会であいさつ

  6. 「震災特別委設置で合意」与野党幹事長会談