東北2議席を死守 ~秋田市内で講演会

20171013_1.jpg

10月13日(金)、私は党秋田県本部(田口聡代表=県議)が秋田市内で開催した講演会で「公明2議席の死守へ、押し上げていただきたい」と渾身の訴えを行いました。

私は、今回の衆院選について「(人口減少や北朝鮮情勢など)日本が直面する課題への対応をどの政権に託すのか。日本の未来を決する選挙だ」と強調。離合集散を続ける野党は、「当選したいがために右往左往している。とても政権を任せる訳にはいかない」と断じました。

さらに公明党が公約として掲げている「教育負担の軽減」に言及し、「公明党が幼児教育の無償化などを提案したことで安倍晋三首相も自ら訴えるようになった。公明党は、子育て支援を今後の日本の(政治の)軸に据えていく」と力説しました。

関連記事

  1. 米軍属逮捕、県民の「憤り」受け止めよ ~党合同会合に出席

  2. 「首相、解散時期で具体案」3党幹事長会談

  3. 「耐震偽造」安全確保最優先に・与党対策本部が政府に申し入れ

  4. 日本商工会議所と政策懇談

  5. 地元・仙台で新年事務所開き

  6. 塩釜魚市場 初売りの儀に出席