国連決議への挑戦 ~公明党北朝鮮問題対策本部緊急会合

20170915_1.jpg

9月15日(金)午後、私が本部長を務める公明党北朝鮮問題対策本部は、衆院第2議員会館で緊急会合を開き、同日午前の北朝鮮の弾道ミサイル発射について、政府から説明を受けました。

私は、6回目の核実験を強行した北朝鮮への制裁決議を国連安全保障理事会が採択して間もないことに言及。「制裁決議に挑戦するかのような、今回のミサイル発射は断じて容認できない」と厳しく批判しました。

出席議員からは、全国瞬時警報システム(Jアラート)発令時の自治体対応について統一基準が必要といった声が上がりました。



関連記事

  1. 「地方財源の拡充を」山形県町村会から提案

  2. 災害、農業対策 万全に ~政府与党連絡協議会を開催

  3. 党山形県本部鶴岡政経セミナー

  4. 経済協力 着実に推進 ~中国・福建省 代表団の表敬受ける

  5. 都市農業活性化の要望を受ける

  6. 北陸新幹線の前倒し開業訴え ~沿線市長らから要望受ける